離乳食の手づかみ食べを開始しました

生後5ヶ月に入ってから、下の子の離乳食を始めました。
今は生後9ヶ月で、結構いろいろなものが食べられるようになりました。

地道な作業で、新しく与える食品は一日に一品、少量ずつ与えているので、本当に時間をかけて、いろいろなものを食べるようになります。
数日前から、手づかみ食べを始めてみました。

最初は、ニンジンをスティック状に切り、柔らかくなるまでゆでてお皿に乗せてあげてみました。
すぐに、手で持って口へ運びましたよ。
今の月例は、なんでも口にいれたい頃なので、ニンジンもすぐに口へ持って行きました。
食べられるものかどうか認識しているかはわかりませんが、口へ入れて、かじって食べていましたよ。

上手に食べられました。
あとは、さつまいももスティック状にしてあげたり、じゃがいもはサイコロ状にしてあげました。
食パンもコロコロに切ったりスティック状にしたり。
まだあまり手で持って自分で食べると言うことをしたがらないのですが、少しずつ練習だと思って、なるべく一日に一回は手づかみ食べができるものがあるようにしています。

ちゃんと工夫して作って、食べてくれるととても嬉しいです。
今のところ、なんでも食べてくれるので助かっています。
おいしそうに食べて完食してくれると、本当に嬉しく、またがんばろうと思えますよ。

前の日に、次の日の献立をなんとなくですが考えています。
もっと喜んで手づかみ食べをしてくれるようなものを作りたいなと思っています。
薬用シャンプー 頭皮湿疹

実家へ帰省しました

子ども2人を連れて、5日間ほど実家に帰省しました。
愛知県は、毎日とても暑くて、クーラーか扇風機なしでは過ごせなかったのですが、実家のある岐阜はとても涼しく、扇風機すらいらないくらいです。
夜になると、寒いくらいで、長袖を持って来ればよかったなと思いました。

夏は、過ごしやすいので、長めに帰省しています。
実家では、何をするでもなく、のんびりしています。
というか、子どもたちが動き回って、すぐに部屋の中がぐちゃぐちゃになるので、あまりのんびりもできていませんが。

両親と一緒にみんなそろってご飯を食べるだけでも、いいのです。
みんなでご飯を食べるととても賑やかです。

ご飯はいつも母が作ってくれて、私はお手伝いなのですが、最近は私がメインで作ることもあります。
先日は、冷しゃぶを作りました。
実家の畑で採れた、レタスときゅうりをたくさん使いました。

自分が作ったご飯を両親に食べてもらうと言うのはなんだか少し照れ臭いですが、おいしいと言って食べてくれて嬉しかったです。
母の味は再現できないので、独自の味つけです。
両親の口に合わなかったらなどと、心配にもなりましたが、そんなことはなく安心しました。
子どもも、冷しゃぶは大好きなので喜んで食べてくれました。

あとは、バナナがたくさんあったので、ホットケーキミックスを使って、バナナの蒸しパンを作りました。
おやつのときと、食後に食べてもらえてよかったです。
蒸しパンなら下の子も食べられるので、みんなで食べられてよかったです。
女性育毛剤の口コミ

忙しそうな美容院の工夫

初めてオートシャンプーを経験しましたが、ちょっとびっくりしました。
豪雨の中にいるような音なんですよね。最初は慣れなくてビビっていました。あとものすごくくすぐったいです。

人の手によるシャンプーは緊張してしまうので、オートシャンプーならリラックスできるんだろうと思ったら予想以上に本格的な水圧で洗われてリラックスどころではありませんでした。
しかし慣れればどうってことないと思っています。何度か経験するうちに人の手でシャンプーされるよりいいなと感じる予感がしました。

けれど現代は機械がいい働きをしていますよね。
美容院に入ったらディスプレイがあって、どういったメニューを希望しているのかを入力できるようになっていました。
そして受付番号が発券されるのです。合理的だなと思います。
会計も機械で行われましたからね。一度操作を覚えてしまえばかなりスムーズに入店できてささっと帰宅できるでしょう。

それにオートシャンプーを導入しているのですから、少ない人数でやっていけるわけだなと忙しそうに動く三人の美容師さんを見て考えていました。
お客さんも多いので、そうでもしないとやっていけないのかもしれませんね。

暇だったのでカットしてもらっている時ずっと美容師さんを観察していましたが、カラーをして待っている間他のお客さんのところでカットをしたりと同時進行なんですね。
かなり頭を使うだろうなと思いました。私には到底できないわと美容師さんを尊敬しましたよ。
ピューレパールの安い店

すぐ効く!我が家の「風邪にはカレー」

ゆうべは関節の痛みがひどくて、よく眠れませんでした。

主に肩の痛みがひどく、
夜中の3時半に低周波治療器を持ち出して
15分を3セットほど実行するほどでした。

今朝7時。
なぜか体が重だるく、熱っぽさがありました。

37度を超える熱が、1時間後には38度に。
めったに高熱を出さない私はノックアウト。
もう病院に行く体力すらありません。

すると、朝は変わった様子もなく出かけて行った夫からも
「俺も風邪引いた」とメールが来たのです。

共倒れは絶対にまずい!まずは自分が治さなければ!と
薬だけ飲んで、寝込み続けていたのですが

11時に予期せず宅急便が玄関のチャイムを鳴らし、
起きざるを得ませんでした。

すると、体がなんだか軽くなっているんです。
おや?と、再度熱を測ると、36.6度に下がっているではありませんか。

寝るだけで、うまいこと治りつつあったのです。

よかった、とホッとしたのですが、
夫はまだ風邪をひいている上、仕事の疲労を重ねて今夜帰ってきます。
私もぶり返しは避けたいところ。

冷蔵庫には、昨日の残り物の煮物がありました。
インゲンや人参・大根と揚げ蒲鉾など
冷蔵庫にあったもので適当に作ったものです。

朝から何も食べていなかったのと
適度にスタミナをつけたかったので
煮物から具だけを取り出し、水とカレー粉をひとかけ、
そしてまろやかさを出すための牛乳を少し加え
簡単なカレースープを作りました。

残り物も無駄にはならなかったし
思ったより身体が元気になりました。

実はこの「風邪にはカレー」
我が家のちょっとした決め事なんです。
香辛料がパワーの源になります。

なので、夜もカレーだよと夫に伝えてあります。
好きなものを食べて身も心も元気になってほしいと願いつつ
煮込んでおきたいと思います。
抜け毛シャンプー

第二の母親的な存在

私は同じ職場でありながら重労働の作業と事務仕事の二足の草鞋を履いている。
事務仕事はかれこれ20年になるだろうか、重労働の作業は今から4年前離婚がきっかけでたまたま重労働作業のパートのおばさんが一人辞める事になり、運よく私が後任として仕事を覚えるようになったのがきっかけです。
そこには私の先生ともう一人のサブのおばさんがいますが、先生はもうこの職場では私が高校生の頃から働いているのである程度気心がしれている事もあり仕事に入りやすかったですが、気心が知れているからこそ言葉遣いにも多少気を使わなくてはならない部分ももちろんありますので、その辺は臨機応変に対応している。
そんな職場の先生は私の母親と同じ年でありながら、母親とは全く違う性格である。
仕事にはと言うより自分自身にとても厳しい方である、少しの不調でも仕事には穴をあけない根性の持ち主であり私もその辺は元々そう言う気持ちで日々いるので見習わなければと思っている。
先生から学ぶことは多い、時折普段の話をしたりするが私にはない考えを持っているので時折立ち止まり考えさせららる事も多いのでとても勉強になるし母親とはまた違う考え方もあるので時にこんな時はどう思います?と考えをお聞きする事もあって私にとって人生勉強にもなっている。
人に寄り添う事で自身の思い込みと言う事もあるし、人と接する事で学ぶ事は多々あるのでいびりあいながら楽しく責任を持って仕事をする。
その中で何か一つでも私の思考の引き出しを話して学ぶことで増やしていきたいと思いまず。
ピューレパールの効果

おじいさん問題です

老人というよりも、おじいさん問題は深刻です。都市に住んでいますが、おじいさんたちが、いたるところにうろうろして困っています。自分の住む地域から、離れないのです。それが、若い人には、監視のように感じてしまいます。だって、いるもいるのですから。昔のように、きやすくないというよりも、都市なので、そのお爺さんが都市全体を管理するわけにはいかないのです。知らない人が多いということです。昔のようにといっても、昔も同じだと思いますが、都市には、地域の人以外の人も済んでいますから、おじいさんにその地域を牛耳られると、若い人は生活しずらくなるのです。
更に、困るのが、おじいさんということです。おじいさん自身は、自分は安全で、治安を守っていると思っているのかもしれませんが、若い人は、おじいさんが嫌いです。好きという人は少ないのです。おじいさんというもの自体が嫌いなのに、それを、おじいさん自身がわかっていないのです。子供ですら、おじいさんが嫌いです。おばあさんは好きなのです。ただ、地域的な問題か、おばあさんは道路に現れず、おじいさんたちがたむろしています。もと、教員だといいますが、老後が長すぎるのでしょう。やることがないのです。
車一台が通れる道路があります。車の音がすると、出てきては、そっと、物陰に隠れます。丸見えです。チラ見してきます。気持ち悪いです。法律に違反していないという例です。我慢しなくなっています。
セラムデューAAクレンズの口コミはこちら

昆虫類などについて

昆虫類などについて勉強しました。バッタは、変態するものが多いです。トンボ・カマキリ・アリ・チョウ・アブ・ハチなどもそうです。からだの区分は、頭部と胸部と腹部です。あしは胸部に3対です。はねは2対(ないものもある)です。触角は1対です。目は複眼1対(単眼をもつものもある)です。呼吸器は気管です。次は、セキツイ動物についてです。セキツイ動物は、いくつかのなかまに分類することができます。けれども、なかには変わった姿や生活をする動物たちもいるのです。コウモリはつばさをもち、鳥のように空を飛ぶことができます。しかし、子は乳を飲んで育ちます。私たちと同じホ乳類です。カモノハシは、オーストラリア東部に分布します。卵をうむが、子に乳を与えて育てることから、ホ乳類に分類されます。クジラは、海に生息する世界最大のホ乳類です。シロナガスクジラ1頭の重さは、ゾウのおよそ25倍に相当するそうです。イルカやシャチもクジラと同じなかまです。ペンギンは、南半球の広い範囲に生息します。鳥類に分類されるが、飛ぶことはできず海にもぐって魚などを食べます。カメレオンは、トカゲなどのハ虫類のなかまです。光の刺激を皮膚で感じとり、体色を変化させます。タツノオトシゴは、全長約9cmの魚類です。その卵は、ふ化するまで雄の腹の中で保護されます。アホロートルは、ウーパールーパーの名で親しまれる両生類です。幼生のえらをもったまま成熟します。知らないことを学べて良かったです。
大渕弁護士の葉酸サプリ

樹液シートでスッキリ

ネットショッピングで面白い商品を発見しました!
商品説明を見てすっごく興味が出たのでクチコミを見てみるとむくみや疲れに効果があるとのこと。
ネット検索でもどのような効果があるか調べると私に必要な物だなと感じ半信半疑でしたが注文してみました。
数日待って届いたのは、樹液シート。
一番リーズナブルなショップで購入したのでパッケージは無く大袋に入って届きましたが、簡単な説明書が付いてきました。
取り合えず効果があるのか試してみようと思い、お風呂に入って足裏の水分をしっかりと拭き樹液シートと固定シールを足に密着させて就寝しました。
翌朝、足をタオルの上に乗せてそーっと樹液シートを剥がしてみると…!
ビックリ!
樹液シートが茶色く変色しドロドロになっていました!
何となくですが、貼る前より足がスッキリして軽くなり疲れが取れているような感じ。
毎日使用してもいいみたいなので再度寝る前に貼ってみましたが、翌朝確認すると樹液シートがまたドロドロ。
樹液シートが無くなるまで続けて再購入するか検討しようと思いその後も毎日使用。使用する度に少しずつドロドロ感が薄れてきました。
樹液シートに出会うまでは足のむくみや疲れが気になっていましたが、日々改善されてきているので迷わずリピートしました。
貼って剥がすだけのお手軽ケア。ズボラな私にピッタリです。
足裏以外でも疲れが気になるところに使用できるみたいなので色んな部位で試していこうと思います。
マカで妊娠する

むくみ改善の方法を試したり、探してたりしています。

最近パンプスで少しヒールの高いものを購入し、黒というプレーンなカラーなので頻繁に履いていたところ、ある時から足のむくみを感じやすくなっていることに気がつきました。
起床した時に足が重いなと思ったり、スカートを選んだ時にはふくらはぎのハリが目立っていたり、ロングブーツを履く時になかなか上までジッパーが上がらなかったりするなど、普段の動作でふと気がつく機会が増えていたのです。
食生活は普段通りであるし、仕事も業務量に特別変化はなく、残業続きでもなかったりするため、原因はどうもパンプスであるような気がしています。
高めのヒールでも履きやすく、オシャレにも見えるため気に入っていたのですが、むくみを放置しておくと、あまり良い影響がないことは知っているため、そのパンプスを履く日をひとまず減らすことにしました。
むくみ解消にはいろいろなアプローチがあるようで、白湯を飲むようにしたり、全身を動かすようなヨガやストレッチなど、リンパの流れをスムーズにするように努めることなど、飲み物から運動まで幅広いことが少し調べて分かりました。
充実した睡眠もポイントだそうで、半身浴で時間をかけて身体を温めた後はリラックス効果もあって、良く眠りにつけるそうなのです。
パジャマも適当に選んだものを着ていたのですが、質の良い綿素材のものに変えてみたところ、その肌触りの良さに驚き、心地よさに気分も上々です。
むくみは美容に対してもあまり良い影響を与えないそうなので、いろいろなむくみ改善の方法を探してみて、もっといろいろと試してみたいと思っています。
手汗を自力で何とかしたい

言葉が人に与える力

よく物理学などで力の求め方を公式としてあてはめて考えるけども、人の言葉が与える影響って公式にするとどんなだろうって思う。

同じ空間、会話できる距離での力が従来のものとしてあったものが電話やネット、今ではLINEなどといった具合にタイムリーにやりとりができる時代だ。

対面でしかなかったエネルギーの作用が距離を隔てなくなったわけだから、得られるエネルギー量はどうやって求めようか。

プラスに与える大きな力もあれば、マイナスに働く言葉もあるから言葉の影響力って絶大。
それによって人生のターニングポイントになるぐらいのものもあれば、響いて欲しいのに響かない相手もいる。

ということは積算なんだろう。

私の放った言葉×相手×?=…。

だがこれだとプラスに作用ばかりしてしまうので、マイナスに働くとき、まったく反応がないときの図式にならない。

言葉も本来は声というものだったのが、記号に変わった。
その記号となって遠くの相手にそのまま届くわけだから文明の発達ってすごい。

人が想像できることがそのまま未来に実現可能となったら次はどのような方法で相手に届くのか考えると、記号などに形を変えず頭でイメージしたことがそのまま相手に伝わっても面白い。

勿論考えることがすべて相手に伝わってしまうと困るだろうからある程度の工夫は必要だろう。

いくらか話はずれてしまったが、遠い昔から使われるようになった言葉。

言葉が発達したからこそ、文明は発達したのだと思う。

言葉が与える力を考えながら、悪い影響とならないように使っていきたいと思う今日この頃だ。

顔汗に効果がある商品